日本画|外山 真起子/Makiko TOYAMA

NEWS

展覧会のご案内Three STYLES 2018展 

2018年12月18日(火)~25日(火)
ノリタケの森ギャラリーにて

Profile

外山 真起子 Makiko TOYAMA

広い海を目の前にして感じる あのちっぽけ感
それが心地よいのは 何故だろう

水面に日の光が反射して キラキラしている
それを美しいと感じるのは 何故だろう

夕暮れのあの一瞬の花の色を
描きとめてみたいと思うのは 何故だろう

二重に架かる大きな虹を見たことがある
いつもの風景が 不思議な景色に変わる
その感覚

私も何か創り出してみたい

「試してみる、で、いいんじゃない」 と
つぶやきながら

外山真起子

愛知県生まれ
名古屋芸術大学美術学部
 (絵画科日本画専攻) 卒業
日展、日春展、中日展 入選
卒業生グループ展 等参加

1996~2005 グループ橙展 (栄ノリタケギャラリー)
2006~ Three STYLES 展 (ノリタケの森ギャラリー) にて活動中
現在 無所属

Born in Aichi Prefecture
Graduated from the Japanese painting at Nagoya Arts University
Nittenn, 日春Exhibition, 中日Exhibition,
Classmate Group Exhibition, etc

1996~2005, Group橙exhibition ( Noritake Art Gallery )
2006~ Three STYLES Exhibition ( Noritake Garden Art Gallery )