日本画|磯貝 洋子/Yoko ISOGAI オヨのぐだぐだ通信(72) HOME

また写生を考える。

2015/04/26

「この絵は、何日くらいで描くのですか?」
って、聞かれることがあります。
さて何日でしょう。自分でもわかりません。

制作の手順は、千差万別だと思います。
 私の場合は、
何か感じる出会いがあって、どう表現するか考えて、スケッチして、また考えて、を繰り返して、本紙に取りかかる。って、ことが多いです。たぶんヘラヘラしている時間も大切です。
だから、どこからが制作時間かわからないのです。

というわけで、こんな感じに描きたいなって思った時には、モデルの花は時期遅し…なんてことも。
取りあえず写生だけでも…と描いている時、まれに閃くこともありますが、取りあえず写生で終わることが多いし。

メニューが先か、食材が先か?って感じです。

のんきにしていると、無駄に時間だけが過ぎて行きます。焦ります。凡人です。

美の女神でも憑依してくれればいいのに、、。